So-net無料ブログ作成
検索選択

大体はローマ字読みでいいらしい [文字と発音]

単語を読んでみる。どうやら基本的にはローマ字読みでいいらしい。こりゃ、いい。さらにアクセントはというと、いつも最後から2番目の音節にあるんだって。要は、最後から2番目の母音のことでしょ。でもって、こいつをながーく発音すればいいんだって。

「エスペラント入門」の例文を読んでみた。
Knabo (クナーボ)  knabino (クナビーノ)  knabineto (クナビネート)
なるほどね。ここまではソルチョ、合格!

面倒なのは、アクセントのある母音の後ろに子音が2個あるときには、その母音は短く発音するんだと。あと、注意がゴチャゴチャ書いてあったけど(アクセントの例外?)、別にいいらしい。

単語の発音練習が52個あった。間違ったものだけ書いてみるかなぁ、恥か? でも、初めてエスペラント語に触れた人が、すぐに100点を取れることなんて絶対ありえない。そう思わんか?

:エッチ (はぁ、エチじゃないのか・・・)
ruĝajn:ルーヂャイン (ちっ、ĝにまどわされた)
ankoraŭ:アンコーラゥ (けっ、ŭにひっかかった)
instrui:インストルーイ (ふっ、最後のuiを見落とした)
neniu:ネヌィーウ (へっ、こりゃ最後のiuにやられた)

ちなみにエスペラント語は1字1音なんだって。だから、sukeroはローマ字読み式でいっちゃうとスケーロになるんだけど、エスペラント語ではスウケーロとなるみたい。なんとも言いにくいじゃないか。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 1

lignponto

私の記事で、ソルチョさんの記事を使わせてもらいました。
ご協力よろしくお願いします。
by lignponto (2006-05-12 10:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。