So-net無料ブログ作成
検索選択

Ĉapitro2-1 [Gerda malaperis]

この音声ファイルを聞いたものがいるだろうか。あたしゃぁ、疑問に思う。それとも耳が悪いのか・・・。

rigarduという単語が3回ほど登場する。
Ne rigardu!
Ne, ne, mi petas vin, ne rigardu.
Rigardu, se vi volas, sed plej diskreta.
こんな具合だ。

これを聞いてみると、それぞれ「rigardas」と命令形ではなく聞こえるんだ。あたしの耳が悪いのかな、それとも読み上げているヤツが間違ったのかな。耳が追いつかないのだと理解しておこう。

実は他にもある。
Li ne vidu, ke vi rigardas al li.
これは意味が正確にわかんねぇ。カンマまでは「やつぁ(ke以下ってなことを)見ちゃいねぇ」ってことだろ。ではke以下となると「あんた、ヤツへ目を向けてみてよぉ」でいいはず。合体させりゃ「あんた、ヤツへ目を向けてみてよぉ。やつぁ見ちゃいねぇ」ってな具合か。混乱しているのはviduとなぜゆえに命令形なのだ???

この一文には、もう一つ疑問がある。「vidu, ke」の部分よ。「,」とくりゃ読むときにだな、ちびっと間を置く。だけど聞いていると「vidu ke」と連続して聞こえる。例えば会話とかなら「ヤツぁ、(ke以下)ってなことを言ったのさ」でいいんだろうけど、ん~釈然とせんな。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 2

Bonulo

Li ne vidu, ke vi rigardas al li = 彼に "あなたが彼を見ていること" を気がつかないようにさせよ、ですね。
by Bonulo (2012-03-21 09:15) 

ソルチョ

なぁ~るほど・・・・・・。ここの章は、こんな表現が多いので、手間取っておりました。他の表現も手間取っていたのですけど、理解できそうな気がする。

この章は、こんな表現が多いんだよなぁ~。
by ソルチョ (2012-03-21 21:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。