So-net無料ブログ作成

Leciono1-1 [Kurso de Esperanto]

Kurso de Esperantoの最初はエスペラントのアルファベットなんだとさ。このところ発音もあやしくなってきたし、Esperantoで話す機会などゼロに近いから、こういうのも悪くない。

悪くないんだが、 「pezo」なんて単語はどう聞いても「ベゾ」としか聞こえん。「ペゾ」じゃないのか。「peĉo」の「ベチョ」も同じで、「ぺチョ」じゃないのか。何回聞いても、よくわからん。どうせソルチョの発音聞き取り能力なんて、こんなもんさ。加えてアクセントも気になるが、該当するアルファベットの発音を強調しているから、そのように聞こえるんだな。

よく言われる「L」と「R」の発音だが、これを聞いている限り「R」を巻き舌のようにすればいいのだな。それで問題あるまい。突っ込んだことは、専門家に任せればいい。

単語の意味も「peĉo」なんてのは分からんかったので、エスペラント小辞典を引いたら「ピッチ、チャン」だと。これだけで理解できるかよ、ふざけんな。 類語として「rezino」を参照せよとあるから移ってみると、「<化>樹脂、(木の)やに」とある。まぁソルチョ的には使わない単語だな。発音練習だから、めったに使わない単語も掲載してあるのだな。んんん。

あっけなく終わったので、次の章にも移ろうかと思ったが、本日はこれまでにしておいてやる。文句あっか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。