So-net無料ブログ作成
検索選択

Leciono1-4 [Kurso de Esperanto]

あるサイトに書いてあったけど、「海外に関わるお仕事をしているビジネスマンでも、毎日1~2時間は語学のお勉強に費やしているよ~ん」なんだとさ。ふ~ん、この積み重ねが、商社あたりの社員は語学が得意になる理由かのぉ~。

まぁ、人のことはどうでもよい。ソルチョはソルチョなのだ。ふん、文句あっか。というわけでLeciono1-4は「動詞」なんだって。

動詞の不定形が「i」で終わるだの、過去形は「-is」、現在形なら「-as」、未来形なら「-os」で終わるなどと言われてもなぁ。ここいら辺は基本中の基本。いくらソルチョのお勉強に難ありとはいうものの、忘れちゃいねぇ。というか、それ以前の問題だな。例文だって「mi estas」だの、「li estis」だの、「ĝi estos」だのというのも泣かせる。

続いて名詞、形容詞の解説が出てくんだよ。名詞なら「amiko、frato、kafo」、形容詞なら「bela、sana、varma」のそれぞれ3個。名詞なら「oで終わるよ~ん」、形容詞なら「aで終わるよ~ん」といった解説が加わるわけだ。泣かせるなんて書くのはやめておこう。しばらくは、こんな調子だろうからな。

ともかく動詞のほか、名詞や形容詞も加えて、ここに出てくる単語はすべて使ったことがある。まだ出てこないが、名詞を複数形にした場合とその場合の形容詞の扱いもな。 先走るのはやめておこう。それがいい。

というわけでだ、本日もあっけなく終了。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。