So-net無料ブログ作成

Leciono1-8 [Kurso de Esperanto]

アホなことばかりいっておらんで、前へ進もう。ここは監視ではなく、「冠詞」だってさ。ふん、変換ミスを消すのも面倒なので、そいつを使ってみたのさ。怒るな。とまぁ、わざとやってみたんだが・・・。

不定冠詞はなく、定冠詞の「la」があるのみ。たとえば「pano」なら一般的なパンだが、「la pano」とくりゃぁ「そのパン」と限定されたものになるってわけだな。確か、はじめてのエスペラントの作文問題でも「その○○」としつこく出ておったな。

大昔だが、ソルチョの秘密のBlogに「La □□□□」というタイトルの記事(全文エスペラント語ですぞ)を書いたことがある。そのとき、とある先生役の人から「ボケ~、(タイトルに)冠詞をつけるなぁ~」と怒られたが、 ソルチョは無視していた。いま思うに、言われるとおりにしておけばよかったな。ゴメンナサイですのぉ。

ふん、ソルチョにはこうした蓄積があるのさ。昔話は、もうよい。前進前進。

「Pano estas seka.」とするなら、パンというものは乾いたものとなるんだろうが、例文のように「La pano estas seka.」にすりゃ、「そのパン」と限定されたものになるって寸法か。ふむふむ。

で、これで終わりかよ・・・。まぁ、いまのところ会長、いや快調ですのぉ。オホホホホ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。