So-net無料ブログ作成
検索選択

Leciono1-10 [Kurso de Esperanto]

全国的に日曜日だが、余裕がある章だからソルチョはお勉強するのだ。さぁ~て、Leciono1-10は聞き取り練習らしい。入門レベルだから、ソルチョは間違うはずもない。と思っていたら、1個間違えた・・・。まったく、困ったもんよ。ソルチョは、こんなもんだから期待すんな。

ここでは48個の単語が出てきて、その単語が聞こえてきたらスペルを自分で入力するのだ。正解を記載してもしょうがないので、間違った単語だけ書いておこう。な、なんとだな「ŝi」と「si」なんだよ。まぁ日本語でいうなら、「スィ」と「シ」の違いとでも言えるかな。例えば「ŝi estas」なぁ~んてくりゃ、発音の違いが不明でも、siは主語にならないからŝiであることは簡単に分かる。アホでも間違えまい。

ところが問題の中には、「ŝi」と「si」が単独で出てきやがる。どっちかな、などと判断に迷う。2~3回聞きなおしても、判断に迷ったのでエイヤァ~と入力したらブブ~だったわけよ。1回間違うと繰り返し出てきやがるから、前に「si」で正解していれば次に出るのは当然ながら「ŝi」。なんだか、受験テクニックのごときだな。

というわけで48個中1個の間違い、正解率97%。 ちみたちはパレートの法則というのを知っておるか? よくいわれる80:20の法則だよ。つま~り、80%以上の正解なら次へ進んでも大きな問題にはならない。野口悠紀雄なぁ~んて経済学者は、語学というよりお勉強一般について「80%の正解なら次に進んでもかまわない。間違ったことは繰り返し出てくることになるから、そこで再度復習すればよい」「重要なのは全体を把握すること」ってなもんだ。

文句あっかよ~だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。