So-net無料ブログ作成

Leciono2-1 [Kurso de Esperanto]

ワ~イ、Leciono2に突入だぜぇ~。うれしいのは、ソルチョだけってか。いいではないか、前に進んでおるのだからさ。

あんだって、ここは接尾辞のなかでも「-ino」ってか。patroは「とうちゃん」だが、patrinoのようにすれば「かぁちゃん」だな。だけどなぁ、正確には「-in-」じゃねぇのか。語尾が-oじゃなくて、-aの場合だってあろうにのぉ~。エスペラント小辞典にだって「patr-in-o」と出ておるんだぞ。シャキッと解説せんか。

気になってエスペラント小辞典をチビッと読み込んでいたら、こんなのがあったぞ。「patra lingvo」で母国語。おい、これじゃ父国語じゃんかよ。とまぁ、余計なことは言わぬ方がいいな。

例文もなぁ「la grandaj virinoj」って、そんな連中に囲まれたら、ソルチョはチビッてしまうよ~ん。許せるのは、例文にもある「la bela amikino」だな。チミらも、そう思うだろ? 

バ~イバ~イ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。