So-net無料ブログ作成

Leciono2-3 [Kurso de Esperanto]

だんだん、お勉強をしているような雰囲気がただよい始めたなぁ。ここは接頭辞「mal-」についてお勉強するようだぞ。

belaは美しいだが、malをくっつけてmalbelaとすりゃぁ「みにくい」。avaraのけちなにmalをくっつけてmalavaraとくりゃぁ「気前のよい」という意味になる。belaはともかく、malavaraはマラヴァーラといっておる。そのとおりなんだが、マルアヴァーラと発音してもいいんだよな。確かよかったはず。だから、いままで「mal○○○○○」とくりゃ「マル~」と発音しておった。

だからだな、違和感がただようのだよ。 正統派の教材(?)だから、こうのるの? 深く考えまい。

続いては「ne」を使った否定の登場だ。「Ŝi ne estas mia patrino.」だったら、「おばちゃんは、オラのカァチャンじゃねぇよ」ってなことになるのぉ。同じく「La kukoj ne estis varmaj. 」で「その菓子はよ~、アッチッチじゃなかったよ~ん」ってなもんか。

ところで、「avara」なんて単語は知らなかったぞ。どうせソルチョのやることだから、間違いなく忘れてんだろうなぁ~と思ってエスペラント小辞典を引いてみると、な、なんとノーチェックだった。いままで出てこない単語だったのか。それとも日本語訳があったので、わざわざ辞書を引いてみる必要がなかったのか。

まぁ、どっちでもいいや。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。